掲載媒体数

355

未掲載媒体数

261

累計 

発行部数

53,239,000

雑誌媒体詳細

お気に入りに追加
鈴鹿エリアの地元情報を新しい切り口で紹介する 鈴鹿magazine(鈴鹿マガジン)
鈴鹿エリアの地元情報を新しい切り口で紹介する 鈴鹿magazine(鈴鹿マガジン)
鈴鹿エリアの地元情報を新しい切り口で紹介する 鈴鹿magazine(鈴鹿マガジン)
鈴鹿エリアの地元情報を新しい切り口で紹介する 鈴鹿magazine(鈴鹿マガジン)
鈴鹿エリアの地元情報を新しい切り口で紹介する 鈴鹿magazine(鈴鹿マガジン)

雑誌概要

鈴鹿市・亀山市(一部)のエリアにて毎月26日に78,000部を発行する月刊フリーマガジンの「鈴鹿magazine」です。昨年の春に立ち上がったばかりのまだまだヒヨッコ媒体ですが、新参者らしく、常に新しいチャレンジをしたり大手ではなかなか出来ないような企画を試したりと、日々奮闘中です。

配布方法はポスティングと店頭配布の両方で行っております。同じ地域にあるクーポンメインの大手宣伝誌は99%ポスティングメインで誌面内容の8割~9割程は年間または半年程の連載契約の掲載内容であり、その月によって「誰がポストから受け取るのか」「40代50代のお母様が見ていたら、10代20代の娘さんにその月は見てもらえない」「祖父母の方がたまたまその月にポストから抜き取ったら、肝心なターゲットの主婦層やOL層にその月は見てもらえない」「毎月同じ内容の本が入ってくるからマンネリ化して見ていない」などというお話をよく聞きます。
ですが、店頭ラック設置を増やせば増やすほど、市内のいろんな場所で見たい時に見たい人が自由に手にすることができ、『お出掛け途中にランチのクーポンが必要になった時やちょっとした空き時間にマッサージのクーポンを利用して時間を有効に使おう』など、様々な場面で便利です。また、設置店に取りに行く・持っていく方々は『見たくて』取る人達なので、ポスティングのみで毎月自動的に自宅に届いてもマンネリ化から見ていない人達に比べ、少なからずとも反響アップに繋がります。

配布方法だけでなく、肝心の中身の方もマンネリ化を避けながら他社との差別化を図り、地元の方に必要とされる地域密着の‟地域情報誌‟となるよう日々創意工夫しております。
例えば…毎月様々な地元地域の地名を取りあげて、その地名の由来やその町の歴史を紹介するページ。
鈴鹿の地域団体の活動や施設・行政の取り組みや行事などを紹介するページ。
地元のスポーツや文化の情報を発信するページ。
地元のイベント・祭事情報のページ。
地元警察署・消防本部による防犯・防災情報のページ。
鈴鹿サーキットのインフォメーションページ。
などなどの連載ページと地元のグルメ情報や美容情報を毎月掲載し、それらとは別に毎月季節にマッチした様々な特集企画のページも設けています。
また、本誌の最大の特徴は読者参加型というところで、他誌にはない弊誌だけのアピールポイントでもあります。

地元に住み・働き・生活する地元女性読者代表の『公式サポーターズグループ SuzumaGirls 』を立ち上げ、彼女達が企業訪問してレポートするコーナーや、お店などをレポート形式で紹介する広告などを掲載しております。大変好評いただいており、お店側や企業側、あるいは媒体側からの一方的な情報発信(従来の広告スタイル)ではなく、地元で生活する生の読者の代表達が自分達と同じ読者へ情報を伝える。そんなスタイルを創りあげている最中です。メンバーも学生・主婦・OLと様々で、下は小学生から上は子育て中のママさんまでバラエティに飛んだグループになっております。
彼女達を読者モデルのように誌面のひとつのアイコンとして利用することによって、彼女達自身や周りがクチコミやSNSで読者を更に広げてくれるメリットがあります。
親・兄弟姉妹・祖父母・親戚のほか、友人知人、職場の同僚、学校の同級生、ママ友や近所の方々など、それらの方々が今まで仮に地域情報誌に興味がなかったとしても、自分の知っている人が載っていることによって様々な潜在的読者の開拓ができます。
昨今の読モブームによって全国誌のファッション誌の読者モデルは、もうすでに芸能人化しているような遠い存在になってしまっています。ところが我々地域ローカルの情報誌での彼女達の活躍はとても親近感が沸くもので、「私も参加してみたい」と同年代の方々に思ってもらえたり、今までスルーされていたような広告内容でも身近な地元の彼女達のレポートであればアイキャッチとして目に留まり、結果的に内容を見てもらえて興味を引く等のメリットが多々あります。

今後更にSuzumaGirls を発展させていくつもりで、様々な企画を練っているところです。

他にも、次号からは表紙も読者参加型にする予定です。今年4月の誌面リニューアル以来、地元地域のおすすめの景色(スポット)を発信してきました。次号からはそれを読者の応募型に変更します。地元の読者のおすすめの景色や、知る人ぞ知るスポット、自分だけのお気に入りの風景などを送っていただき、毎月表紙で紹介していく予定です。
我々フリーペーパー・フリーマガジン業界にとって、スポンサーから広告費をいただくのは宿命であり、永遠の課題です。ですがその広告に走りすぎて、媒体と広告スポンサーの独りよがりのような「集合広告誌」になるまいと、読者の見たい・聞きたい・伝えたいを常に念頭に入れ、毎号企画をしています。

その取っ掛かりの一つ一つとして、『SuzumaGirls 』があり、防犯・防災・交通情報があり、地元の歴史ページやイベント・祭事情報、行政や地域団体の取り組み・活動報告などのページを作っています。

毎月毎月、同じ家に「同じお店のクーポン(年間掲載や半年掲載)」ばかりが載っている雑誌が投函されていたらマンネリ化は避けられませんし、飽きられたり、反響が分散したり、読者・スポンサー双方にとって様々な悪いイメージを持たれるデメリットが多々あります。実際三重県の各地で発行している大手の情報誌はその傾向が顕著であり、読者やスポンサーからそのような意見をよく耳にします。当然、大手情報誌には我々には無いメリットも多々あり、見習って真似すべきポイントも多数あります。しかし、何より大切な読者感覚と読者目線を忘れずに、マンネリ化や独りよがりの一方通行の情報発信を避け、常に進化し続けて読者に寄り添った媒体を目指す。それが我々の理想とする地元密着情報誌の姿勢であり、鈴鹿magazineがそうなりたいと思いながら誌面造りに取り組んでいます。

雑誌名 鈴鹿エリアの地元情報を新しい切り口で紹介する 鈴鹿magazine(鈴鹿マガジン)
発行会社名 有限会社 三鈴印刷
ジャンル 地域情報フリーマガジン
ターゲット 子育て夫婦、学生(大学)、OL、主婦、妊婦、シニア、ファミリー
年代 10代未満、10代、20代、30代、40代、50代、60代、70代以上
年代詳細 20代~50代の鈴鹿市・亀山市の住民
性別 男性、女性、両方
配布エリア(広域) 近畿
配布エリア(都道府県) 三重県
配布方法 ラック設置、ポスティング
配布場所 各家庭へのポスト投函、駅やコンビニ・スーパー、様々な施設等でのラック設置、掲載店での店置き
など
刊間 月刊(毎月26日発行)
発行月・実施月 1月、2月、3月、4月、5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月
発行部数・月間配布可能件数 78,000部
読者プレゼント枠数 4~8
読者プレゼント実績(商材) お食事券、飲食割引券、ワイン(ボトル)、鈴鹿サーキット パスポート、ファンシー雑貨、シャンプー&トリートメントセット、エステやマッサージ・美容室等のお試し券、QUOカードや各種商品券、映画・スポーツ・音楽会等の鑑賞券・観戦券、ロープウェイチケット、温泉入浴券、オリジナルステッカーやトートバッグ、など
広告出稿不可業界 地域情報誌の一般的なプレゼント商品であれば全てOK
お申込み締切期限 毎月12日~14日程度(その月の曜日によって変動あり)
納品ルール 都度確認
創刊日 2015年3月26日
備考 【希望商品】
20~50代の女性向け商品、 マタニティ向け商品、ペット関連商品、お子様用品(玩具・文具)、キッチン商品、各種施設招待券、オイル交換券、カー用品、ガーデニンググッズ、雑貨、衣類、アクセサリー、美容グッズ、コスメ、ヘアケア商品、中年男性向け商品、スマホグッズ、など
お気に入りに追加

一緒によく見られている雑誌